風俗不毛地帯の山形にデリヘル」

山形といえば、以前は風俗不毛地帯と呼ばれていた。

目だった風俗街はなく、店舗型のソープもまったくない。

キャバクラがちらほらあるけれど、目立ってはいなくて、本当に風俗街とか歓楽街は存在しない。

山形県内で探すとすれば天童温泉のような温泉街。

そこには風俗街はたしかにあるけれど、山形市内をはじめ、県内にはほとんどないのが現実。

ボクも出張で来た時には、山形は遊ぶところがないなぁっていっつも思ってたもんです。

しかしですね、やっぱり時代の進歩というか、風俗の進歩は素晴らしい。

この真面目な街、山形にも風俗はしっかり根付いてました。

それはデリヘル。

デリバリーヘルス=デリヘルはいわゆる無店舗で営業している風俗店。

山形の風俗情報サイトを見て電話をかけると女の子を派遣してくれる風俗なので、街の景観を汚さずに発展できるわけで、これこそ新世代の風俗って言ってもいいでしょう。

街に住んでいる人にとって、風俗街はなんとも邪魔なもの。

景観が悪くなるし、なんとなく雰囲気悪いでしょ?

それが、デリヘルとなれば店舗があるわけじゃないのでいわば、覆面風俗みたいなもの。

たとえ、本番なしが原則といっても、シティホテルでも自宅でも来てくれるわけだから、使う方にとっても実に使いやすい。

だから山形にもできたんだね。